日本語
ソーシャル・セーフガード
責任あるゲーミング

多国籍・多文化統合型リゾートの運営企業として、メルコリゾーツは事業地域の持続的な成長に貢献できる企業市民であるための努力を惜しみません。さらに、メルコリゾーツは適切なソーシャル・セーフガードの実施を通して地域コミュニティの利益を保護するよう努めています。

メルコリゾーツは、異文化や信念の違いを尊重する統合型リゾート運営企業です。最高レベルのコーポレートガバナンスを維持し、ソーシャル・セーフガード方針を実践してきたことを誇りに思っています。社会的責任を背負うことは、欠かせない会社方針のひとつであると考え、節度あるゲーミングはチャリティ活動の中枢だと捉えています。

企業市民の模範として

節度あるゲーミング(RG)を提供することは、メルコリゾーツが力を入れている分野のひとつです。その証に、会長兼CEOローレンス・ホー氏が役員を務める弊社のRG運営委員会により、節度をもったゲーミングについての取組みが次々と展開されています。

数ある取組みの中のひとつとして、新入社員のオリエンテーションの中にRG研修が含まれています。全員がRGに関する知識を認識するために社内インターネットTV「Melco TV」や従業員イントラネットで視聴できる「RG教育ビデオ」を観るよう推奨されています。メルコリゾーツ社内には、節度あるゲーミングに関するポスターやチラシ等が設置されております。また、利用者の求めに応じて「自己管理」に関する支援を提供する為の専門知識を持ったRGアンバサダーも常駐しております。ご興味のあるお客様は、シティ・オブ・ドリームスのHPから無料コンサルティングサービスに関する情報を是非ご覧下さい。

助けを必要とするカジノ利用者に適切な支援をするために、メルコリゾーツはDICJの自己管理スキームおよび第三者からの管理要請措置を取っています。自己管理スキームは、自分がギャンブルの問題を抱えていると自覚している利用者が、自らをカジノ立ち入り禁止にできるサービスです。第三者管理は、配偶者、直系尊属、直系卑属または2親等内の親族を含む家族がDICJに入場禁止を申請することができるサービスです。家族が、本人にとってギャンブルが問題だと判断した場合に、当該地域すべてのカジノへの入場を禁止することができます。入場禁止が有効かどうかは、本人の同意によって決まります。このプログラムが開始されて以来、メルコリゾーツはどちらのサービスも利用者とそのご家族に提供しています。

病的なギャンブラーをさらに支援するために、メルコはDICJのセルフ・エクスクルージョンのスキームおよび第三者エクスクルージョン・アプリケーション措置を支援しています。セルフ・エクスクルージョンのスキームは、自分がギャンブルの問題を抱えていると自覚してカジノからの締出しを希望する利用者が受けられる、秘密を保持したサービスです。第三者エクスクルージョンは、配偶者、直系尊属、直系卑属または2等親の親族を含む家族がDICJに入場禁止を申請することができ、本人にとってギャンブルが問題となると家族が判断した場合に、当該地域のすべてのカジノへの入場を禁止することができます。入場禁止が有効かどうかは、本人の同意によって決まります。DICJのこれらのプログラムが開始されて以来、メルコは両方のサービスを利用者とその家族に提供しています。