日本語
統合型リゾート
シティ・オブ・ドリームス マニラ

シティ・オブ・ドリームス マニラは、急成長しているフィリピンの観光産業に、初めてメルコが正式に参入したプロジェクトです。マニラ市のマニラ湾地域エンターテインメント・シティ内にある新しい統合型リゾートの設立は、メルコとSMグループ「ベル・コーポレーション」の強力な提携のもと実現しました。「国際的パートナーや地元政府との連携、地域固有の文化と思想を表現する素晴らしい統合型リゾートを開発し、アジアの各地域から世界に進出する」というメルコの企業理念を証明するものです。

シティ・オブ・ドリームス マニラは、豪華な観光スタイルを求めるお客様から、ビジネス出張のお客様、そしてMICEの開催まで幅広く対応出来る施設を誇ります。華やかな雰囲気のクラウン・タワーズ・ホテル、洗練したスタイルのノブ・ホテル・マニラ、そしてビジネス客およびレジャー客に人気の高い、ハイアット・シティ・オブ・ドリームス マニラを含む6つのタワーがあり、客室数は約950部屋です。特に、ノブ・ホテル・マニラは日本人シェフである松久信幸氏から様々なインスピレーションを受けたホテルで、アカデミー受賞俳優であるロバート・デ・ニーロ氏やハリウッド・プロデューサーのメイア・テペル氏などからも支持を受けています。321部屋あるこのブティック・ホテルは、極上のラグジュアリー体験と最高級のサービスをお客様にお届けします。

シティ・オブ・ドリームス マニラには、素晴らしい宿泊施設以外に3つのエンターテインメント施設があります。ドリームワークスからインスピレーションを受けた世界初のファミリー・エンターテインメントセンター、「ドリームプレイ・バイ・ドリームワークス」、カジノ内にあるライブパフォーマンスラウンジの「センタープレイ」、そしてフォーチュンエッグ内に位置するナイトクラブ「パンゲアと「カオス」。これらのクラブは、ドーム型の個性的な外観と、独創的な照明デザインがアクセントになっている世界的にも有名なクラブです。

家族向けエンターテインメントには、教育要素を併せ持つ対話型センター「ドリームプレイ・バイ・ドリームワークス」があります。メルコとドリームワークス・アニメーションがコラボレーションして誕生した世界初となる「ドリームプレイ・バイ・ドリームワークス」は、数々のクリエイティブな体験型アクティビティを揃え、他では味わえないアドベンチャーを家族全員で体験することができます。

夜を踊り明かしたいお客様には、「パンゲア」と「カオス」をオススメします。マニラ湾地域の目印である、「フォーチュンエッグ」(黄金色に輝くドーム状の建物)内にあるナイトクラブは、「世界のクラブ王」と称されるマイケル・ヴァン・クリーフ・オルト氏率いるオルトグループによって運営されています。同氏は、ニューヨークやロサンゼルス、マイアミ、アスペン、サンパウロ、モンテカルロ、ロンドンなど世界中の大都市に数多くのクラブを創設し、「パンゲア」というブランドを世界で最高級のクラブとして認識させました。オルトグループのテーブルサービスタイプのナイトクラブブランドである「カオス」は、シティ・オブ・ドリームス マニラへの出店がアジア初となります。

多様なエンターテインメントとホスピタリティの提供で、シティ・オブ・ドリームス マニラは、マニラにおけるレジャービジネス・観光業に幅と厚みを持たせることに成功しました。そして、アジアの一流レジャースポットとして、マニラ及びフィリピン全体の観光業水準を高めています。フィリピンは、急速に成長しているアジアのレジャーエンターテインメントの中心地として、更に成長していきます。

詳細と最新の情報については、こちらをご覧ください

http://www.cityofdreams.com.ph/(英語)