日本語
ソーシャル・セーフガード
コミュニティ・ケア

地域社会(コミュニティ)への還元

事業開発のほかに、メルコは、責任ある企業市民として、さまざまな活動を定期的に支援し、事業地のコミュニティの持続可能な成長に貢献するよう努力しています。地域文化を最大限に尊重する統合型リゾートの運営企業として、メルコはさまざまな文化や教育、社会にかかわる努力にも積極的にかかわっています。

メルコのCSR活動に関するビジョンは、コミュニティの人々の生活に変化をもたらすことです。青少年育成、教育、女性、文化遺産、環境 、責任あるゲーミングや全人的発展などの分野に貢献するために、メルコは関連する社会問題に取組む包括的な戦略を展開し、それらの問題に立ち向かう数多いチャリティ組織に協力してきました。

Dare to Dream

「Dare to Dream(夢みる勇気)」 は、国際的に名声と権威のあるアーティストや巨匠にマカオの若者が接する機会を与え、芸術、文化、伝統、イノベーションを鑑賞し評価することを促進するメルコの代表的なシリーズです。シリーズの目的は、若者が自分の最大のポテンシャルを発揮したいという欲求を刺激し、それを自主的に追い求めるインスピレーションになることです。この代表的なシリーズで弊社はマカオ政府とのパートナーシップのもとで、 それぞれの分野で世界的に名声のある2人の巨匠の下で学べる奨学金とインターンシッププログラムを提供しています。一つのプログラムはマカオ理工学院の協力による、受賞作「ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター」のクリエイティブ・ディレクターフランコ・ドラゴーヌ(Franco Dragone)氏とのコラボ、そしてもう一つはマカオ政府文化局の協力による、国際的なピアニストの巨匠のユンディ・リ(Yundi Li)氏のプログラムです。マカオ政府高等教育サービス室とのパートナーシップによる次の「Dare to Dream」では、シティ・オブ・ドリームスの新しいホテル棟のデザインと建築を手がけた、世界的に著名な建築家の故ザハ・ハディド(Zaha Hadid)女史に接する機会を設けます。

2014年にMREは、日本での「Dare to Dream」プログラムとして、才能が認められた有望者に、有名ファッションデザイナーのコシノ・ジュンコ氏のインターンシップのチャンスを与える「Dare to Dream Design Awards」を開催しました。

ボランティア活動

メルコはボランティア活動を高く評価し、推奨しています。毎年何百人ものボランティアたちがプライベートな時間をつぎ込み、ボランティアとして青少年、教育、女性、文化遺産、環境に対して、責任あるゲーミング、文化財や全人的発展などの分野で活動をしていることを誇りに思っております。 2009年、メルコのスタッフの中に、自らグループを組み、志願してチャリティ・サイクリングキャンペーンを始めようと活動を展開する有志者たちがいました。メルコ内のさまざまな部門の38名の熱心な代表たちが、海南島の北部から南部まで、たくさんの障害を越えながら15時間以上かけて走破するチャリティ・サイクリングに参加しました。弊社のCSR戦略と同じように、このプロジェクトは恵まれない人々の生活に実質的な援助を与えるための資金を集めるのが目的でした。